HOME > 鳴瀬喜博

鳴瀬喜博

Profile

鳴瀬喜博

2017_鳴瀬_a1.jpg1949年11月13日東京都出身。
血液型A型 星座・さそり座

大学在学中、'71年からディスコを舞台に本格的にプロ活動を始める。70年代から“カルメン・マキ&OZ”に参加、その後Char(G)に出会い“SMOKY MEDICINE”や“金子マリ&BUX BUNNY”など、伝説となるバンドの核となっている。'81年にはソロアルバム『MYTHTIQUE』を制作、以後ソロで6作品をリリース。その間'90年までの10年間に“QUYZ”、“CHAOS”、“うるさくてゴメンねBAND”などの自己バンドを中心にセッションなども精力的に活動。90年からCASIOPEAに加入。
“ナルチョ=チョッパー”と言われるほどにチョッパーベーシストの神様的存在となっており、国内におけるチョッパー奏法の第一人者。'90年に入り、一大旋風を巻き起こした、TBSテレビ「いかすバンド天国」に審査員として出演、その辛口批評でお茶の間でもお馴染みの存在となった。
90年より東京音楽大学の非常勤講師に就任、現在は客員教授として後進の指導に力を注いでいる。また、リンキーディンクスタジオにてベーススクールも開講し、人気の講義となっている。

還暦を迎えた2009年には、デビューから現在に至るまでの多岐に渡る作品群の中から、メーカーや時代、バンドの壁を越えて、珠玉のベースプレイの数々を厳選して収録したベスト盤「宴暦」を発売し、その歴史を知らしめた。その発売から、“宴暦”と銘打ったライブを毎年慣行、様々な注目アーティストと共演するライブはファンを魅了している。そこから派生した、弦楽器が中心となった“弦舞”、“EnTRANS”、“野獣王国”、“ヒダヤスナル”、“Mandolicks”などバンドを結成、メンバーの世代やジャンルにとらわれる事無く、数多くのセッションをこなす。最新作は、ジャンルが違う若手ベースプレイヤーとのトリオ「The Choppers Revolution」を結成し話題となっている。
2015年、初の自伝「ナルチョのおれにもトコトン思いっきし言わして♪」を発売、爆笑と驚きに満ちた波瀾万丈の人生と、日本のロック・シーンやフュージョン・シーンのリアルな空気感を閉じ込めた、音楽ファン必読の一冊となっている。
常にトップランナーとして走り続ける男・鳴瀬喜博、その幅広いプレイからますます目が離せない。